■東海装美(TSB)グループの願いは、「ご自分の店を持ちたい方の夢の実現をお手伝いすること」「飲食店などの事業を成功させたい企業様を陰で応援すること」です。

The mighty connection.
強い繋がりから生まれる仕事。


2011ACT農業体験(アグリカルチャートレーニング)後編(稲刈り)を行いました。

2011年9月25日(日)
場所:岐阜県恵那市岩村町富田地区
参加者:28名((株)東海装美・協力業者様)
企画・運営:(株)ハラキン・恵那市役所農業振興課
農作指導・圃場管理:富田をよくする会・富田営農組合

 

 2011年9月25日(日)に毎年恒例となった2011ACT農業体験(アグリカルチャートレーニング)後編(稲刈り)を行いました。この、ACT農業体験は春の田植えと秋の稲刈りを合わせACT農業体験の行程が終了されます。
 今回もTSBグループ社員と5月に参加していただいた協力業者様とで総勢28名での農業体験となりました。稲刈りの前に、(株)ハラキン様より注意事項・説明があり、農村の方々のご挨拶の後、お揃いの“ACT”Tシャツを着て研修田んぼへ移動しました。
 連日の大雨や台風の影響も少なく、地元の農家の方々が愛情込めて育ててくださった苗も穂を付け、見事に育っていました。稲刈りには刈って・縛って・干すという工程があり全て人の力で、その工程を行い、貴重な体験をする事ができました。また、機械のパワーを見る事もできました。日頃、口にしているお米の大切さを身にしみて感じることが出来、みんなで力を合わせて一つの事をやり遂げる大切さも改めて感じることが出来ました。そして、設営いただいた(株)ハラキン様に感謝の気持ちでいっぱいです。本当に有り難う御座いました。
 今回の昼食は岩村町産新米コシヒカリを自分たちで握るおにぎりと地元の婦人会の方々による、おにぎりのおかず・お味噌汁!!田んぼのあぜ道でみんなで座って食べる昼食は、まさに、農家の昼食の体験も出来ました。今回も、お米・自然の大切さ、農家の方々のご苦労を身にしみて感じる事ができました。また、TSBグループ社員・協力業者様とが力を合わせ一つの事に取り組みやり遂げる達成感は、深く心に刻まれました。精米されたお米を食するのが待ち遠しいです。
 (株)ハラキン様をはじめとする恵那市役所農業振興課・富田をよくする会・富田営農組合の皆様、本当にありがとうございました。

 

↓画像クリック拡大↓