■東海装美(TSB)グループの願いは、「ご自分の店を持ちたい方の夢の実現をお手伝いすること」「飲食店などの事業を成功させたい企業様を陰で応援すること」です。

あなたの事業計画をサポートする、
開業パートナー/アーティスト/デザイナー紹介。


■安藤竜二/Ryuji Ando ブランディングプロデューサー

安藤竜二
株式会社DDR 代表取締役社長
(http://www.ddr38.com)
サムライ日本プロジェクト 総合プロデューサー
(http://www.samurai-nippon.jp)

 1971年、愛知県岡崎市生まれ。高校卒業後、ロックスターを夢見て上京するが挫折、1993年に岡崎の老舗木材会社に入社。作業員からスタートして営業マンに。値段ではなくストーリーやこだわりで売る中小企業だからこそできるブランディング技術を創造。さらに住宅材輸入に関わり北米・中国へ。2003年、社内ベンチャーで家具ブランド「SIKI」を立ち上げ話題に。2004年、上海で中国初のデザインギャラリー「KOO」をオープン。2005年、月刊室内「次代をつくる50人」に選ばれる。

 フリープロデューサーとして東京で店舗プロデュースやブランド開発を手がけた後、故郷に戻り、2006年、ブランディング・カンパニー株式会社DDRを設立。2007年1月にサムライ日本プロジェクトを立ち上げる。2007年8月、経済産業省の地域中小企業サポーターに委嘱される。2008年、広島県中小企業・ベンチャー企業の“支援専門家”、中小企業基盤整備機構関東支部・中部支部“経営支援アドバイザー”に任命される。2009年4月からJFN系列、愛知県内・周辺地域を放送対象地域とするラジオ放送局FM AICHI80.7「R-STYLE SHOP」にてパーソナリティを務める。著書に、『 地元の逸品を世界に売り出す仕掛け方‐「知る人ぞ知る」を「カネのなる木」に変える‐』(ダイヤモンド社)がある。2011年、月刊ビジネスチャンス「日本を変える起業家100人」に選ばれる。同年6月「安藤竜二診療所DVD」其の壱〜見方を変えろ!企業の強みと弱み〜(名古屋テレビ映像)をリリース。

 現在、日々活動の幅を広げ、日本各地の地域の老舗こだわり企業や商品をブランディングする。

インタビュー(TSBseasonvol.1/2009.08号より)

安藤社長は主にどんな仕事をしていますか?

 中小企業のブランディングをしています。ブランドとは消費者との約束の証である前に、消費者に伝える為の道具として、企業やその商品の顔となるものです。

安藤社長が展開されているサムライ日本プロジェクトとはどんなプロジェクトでしょうか?

 地域を元気にする為に、地域を世界に発信する為にをテーマに、地域で頑張っているこだわりの中小企業を繋ぎ合わせ、地域のこだわりを消費者に伝えるプロジェクトです。地域を藩で区切り、現在、三河国、加賀国、安芸国、尾張国、駿河国の5地域その地域の29社のこだわり企業を巻き込み、地域の名前と共に地域に根付いた商品や、その商品のストーリー、そして思いを伝えるブランドになっています。
 今後は、未来永劫続く事を目指して、それぞれの地域の思いを紡ぎ合わせて世界に発信していき、地域を元気にしていきたいと思います。

今後TSBとどんなコラボレーションができたらおもしろいと思いますか?

 地域で新しく何かを起こしたいと言う人たち(例えばカフェをやりたい、古着屋を作りたい)に対して、コラボレーションしてお手伝いできたらと思います。

今後の安藤社長の展開など教えて頂けますか?

 中小企業だからこそできるブランディングを行っていきたい。地域を元気にして、地域を繋ぎ、日本を世界に発信していきたい!

ありがとうございました。